ISO/TS 22163

・ISO/TS 22163規格について
2007年に鉄道業界の主たる事業者メーカー(Siemens、Alstom、Bombardierなど)が中心となり、鉄道産業界共通のサプライヤー向け規格として登場したのがIRIS(International Railway Industry Standard)規格です。この規格は、ISO 9001規格に鉄道業界固有の要求事項(事例:RAMS、LCCなど)が追加された内容となっており、その後、何回かの更新・改訂が行われました。

そして、ISO 9001:2015規格の発行を受けて、2017年5月24日にISO/TS 22163:2017規格「Railway applications — Quality management system — Business management system requirements for rail organizations: ISO 9001:2015 and particular requirements for application in the rail sector(鉄道用途-品質マネジメントシステム-鉄道組織に対するビジネスマネジメントシステム要求事項:ISO 9001:2015及び鉄道セクターの用途に対する特定要求事項 )」として発行されました。

本規格の構築・運用においては、IATF 16949規格と同様に、特定の顧客・地域に限定した適用範囲とすることは出来ません。該当するすべての鉄道関連顧客に対応することが必要です。

・認証ルールなどについて(IRIS Certification Conformity assessment:2020)IRIS認証適合性評価:2020
本規格とは別に認証ルールなどが制定された文書が発行されており、仕組みとしてはIATF 16949規格と同様なシステム(規格とルールの二本立て)を採用しています。

この認証ルールなどが記載された文書が、2020年5月に「IRIS Certification Conformity assessment:2020」という名称に更新されて制定・発行されました。本文書はIRIS Certificationのサイトから入手することが出来ます。現在、運用されていらっしゃる組織様は勿論のこと、これから構築をお考えの組織様も御一読されることを推奨致します。ただ、残念ながら日本語版の発行はありません。

この規格の構築及び運用には、システム的に多くのノウハウと品質マネジメントシステム経験が問われることになります。また、場合によっては会社・組織における既存の社内プロセスの大掛かりな変更を余儀なくされる可能性もあります。弊社は、IRISについて構築及び認証取得に関するご支援実績を有しております。今後は今以上に鉄道業界ビジネスの更なるグローバル化が進み、世界中の鉄道関連顧客各位からこの規格の認証取得登録及び運用を求められるようになると確信致しております。

・ISO/TS 22163規格に関するオンサイトセミナーについて
現在、弊社では下記のオンサイトセミナーを実施しております。詳細につきましては、上記の「お問い合わせ」からお願い申し上げます。

1)ISO/TS 22163規格解説

関連する外部組織へのリンク
・ISO(lnternational Organization for Standardization)
https://www.iso.org/home.html

・IEC(International Electrotechnical Commission)
https://www.iec.ch/homepage

・Unife(Union des Industries Ferroviaires Européennes)
https://unife.org

・IRIS Certification(International Railway Industry Standard)
https://www.iris-rail.org/index.php

・The International Rail Quality Board(IRQB)
https://www.irqb.org/

・日本産業標準調査会(Japanese Industrial Standards Committee)
https://www.jisc.go.jp

・鉄道国際規格センター(Railway Technical Research Institute)
https://risc.rtri.or.jp/risc/general/index.jsp