COVID-19の流行はいつまで?

DSC00781.jpeg

日を追うごとにCOVID-19の感染者が国内でも増加しています。中国・武漢から帰国された方々やクルーズ船に乗船していた方々なら納得も出来るのでしょうが、感染源が特定出来ないケースが増え、もう誰が何時感染していてもおかしくは無い状況を呈しています。

このような中で、比較的規模の大きな集会(セミナーなど)は避けるように勧告されているようですが、参加者の数に限らず長時間閉鎖された室内で行動を共にするような講習・セミナーなどの開催や参加はすべて先送りすることが望ましいというか、急がなければならない理由も無く、この時期にあえて開催・参加することも無いでしょう。また、無理をしてまでそれらの開催や参加をすること自体、大きな多種類のリスクを背負うことにもなります。

先週は関東(主として東京都内)で仕事に従事していたのですが、街中でマスクをしている方々は少なかった?ように感じました。マスクを装着することで絶対的に予防が可能というわけでは無いのでしょうが、しないよりはマシという見解をしている専門家や医師が多いようです。しかし、ドラッグストアなどではマスクやアルコール系消毒薬も売り切れが続出し、入手が困難な状況下にあります。

個人的には、このままの状況では、おそらく多くの方々が感染することになるのではないか・・と危惧しています。特に不特定多数の方々と接する機会が多い方々の場合、確率的に感染リスクは当然ながら大きく・高くなるでしょう。未知のウイルス故に、国としてまた自治体としては、思い切った政策・施策の必要性が問われていることは間違いないと考えています。