東横INNというホテルは・・・

DSC00596.jpg

2019年5月の初旬、8日のこと。大型連休も終わり皆さんお休み疲れを感じながら仕事に従事し始めた頃に、業務で広島へ。仕事先近くにある適切なホテルがこの東横INN広島駅前大橋南でした。そして当該ホテルのサイトから予約を入れて、当日はそこに宿泊。チェックイン時、会員になることを勧められたので、会員カードを作成しておくのも何かと便利かもしれないと思い、そうさせてもらいました。その時の支払いは事前にクレジットカードで決済を済ませておきました。そして、翌日仕事を終えて帰社。

そして昨日(5/25)、クレジットカードの明細が届き、その内容をチェックしていた時のこと。5月8日に1泊しかしていないのに、5月10日も宿泊したような決済がされていて、2泊相当の料金・費用がカード会社から引き落とされようとしているようで、次回支払日の内容にそれらが掲載されているのです。

これはどうしたものかと思い、当該ホテルのウエッブサイトをアクセスしても、お問い合わせというコンテンツはありながら、その内容は「よくある質問を見ろ」という内容で、肝心のお問い合わせフォームの掲載は無し。そこで、アンケートというコンテンツがあったので、そこに記載し送ったのですが音沙汰無し。電話をしようかと思いましたが、フリーダイヤル番号は記載されていません。

繰り返しますが、5月8日に6,600円、そして5月10日に6,270円という合計金額として12,870円が宿泊費用として決済されようとしているのです。5月8日は確かに当該ホテルに宿泊しましたが、5月10日は宿泊も何も、現地には滞在すらしていませんでした。もしかして、5月10日も私が宿泊したことになっていて、その売上が帳面に記載されているのか否かは分かりませんが、定期的に帳簿などをチェックしていれば即座におかしい、矛盾していることが分かるはず。当該ホテルからは何の連絡も無く、いずれにしてもひどい扱いであり、本件は専門家と相談しながら事を進めていくつもりです。