2018年 節分

DSCF4839.jpg今日は2月3日土曜日、ちょうど節分。季節の境目を示す時期でもあるにも関わらず、来週はまた寒波がやって来るらしい・・・ですね。昨年から今年に掛けては異常なくらいの寒さが続いていて、各地でそれによる被害も続出しているようですが、地球温暖化と何らかの関係があるのだろうか?なんて考えてしまいます。そんな今日は、暇を持て余していることもあり、ぶらりと栄の繁華街へ出掛けてみました。

デパ地下に入るのも久しぶりで、しかもそこは恵方巻きのオンパレード。恵方巻きって以前はあまり聞かなかったし、筒状の巻き寿司も無かった。しかし、ここ最近はスーパー、コンビニなどでも盛んに売り出しています。あのような筒状の巻き寿司を恵方の方角に向かって何も喋らずに食べるとどうにかなるらしいのですが、私にはそれは出来ないと言うのか、そんな迷信のようなことはちょっと・・・。

それに季節柄もあってか、デパ地下のチョコレート売り場は女性の方々の行列で凄いことに。これも先程の恵方巻きと同様、チョコレート業界の方々の販売戦略のような気がしてならないのですが、どうなんでしょうね〜。まあ、義理チョコ以外に貰ったことなど殆ど無い個人的な言い訳かもしれませんが、何処の文化であろうが安易に取り込む日本人の商魂の逞しさと、それに反応・対応する購買層の方々には驚くばかりです。しかし、考えてみればお中元やお歳暮のような堅苦しいものでは無くて、安易なというのかイージーな面で普段お世話になっている方々への感謝の印と捉え考えることも出来るのかもしれません。