2018年 新年度

DSC00234.jpg今年の桜は満開になってから散るまでの間が極端に短いような感じがしてなりません。そもそも開花の時期が早かったこともあり、それなりの寿命なのでしょうが、入学式やそれぞれの春の行事に華を添えることが出来ないのも少し寂しいようです。近くにある桜の木々もそろそろ葉桜になりつつあり、あっという間に春らしさも去っていくようです。そんな春らしい気分に浸ってはおられず、また恒例の値上げ・・。運送費の価格上昇などの影響もあるような報道がなされていますが、ビールの値上げには困りましたね〜。

このブログに使用しているアプリもバージョンが古くなったことから、新しいタイプに切り替えないといけないのですが、なかなかそこまで手が回りません。G.Wあたりを目処に何とか更新したいと考えています。

2018年 桜満開

DSC00226.jpg今日、オフィス近くにある桜の木を何気なく見たら、何と満開になっているのに気がつきました。仕事で外出していることが多く、普段は眺めることも少ないのですが、ここまで見事に咲くと迫力があります。それを知った後になって名古屋気象台が満開であることを宣言したとの報道がなされていたようです。通年ならもう少しゆっくり咲き、徐々に散っていくようなイメージがあるのですが、今年の桜の開花は早期に開花し早期に散るのかもしれません。花見もそこそこに仕事で出掛ける日々が続きます。

2018年の春一番は3月の初日に

DSCF4857.jpg今季の冬は寒さが厳しく、それが長く続いたように感じています。そんな寒さもそろそろ終わりかな?と思う頃になって、日本海を進む低気圧に影響を受けて未明からの雷雨、そして強い風が終日吹き荒れました。寒いのは苦手なタイプなので早く暖かくなって欲しいのですが、長期予報によれば今年の夏は例年以上に暑い夏になりそうな予報が出ています。自然のことなのでどうすることも出来ないのですが、人々の生活や活動が多少なりとも自然に対して影響を与えていると実証されているなら大きな課題になりそうです。

毎年の事ですが、3月は年度末ということもあり、あれこれと雑用が増える時期でもあります。それに加えて4月からの事業計画をまとめなければなりませんが、何から手をつけて良いやら・・。

雨水を過ぎて

DSC00157.jpg先日、iPhone xに機種を変更しました。じっくり見るとiPhone 8とはちょっとだけ表示が異なるのです。電池残量が数値化表示されず、単に画像でのみ表示されることです。面倒なことですが、数値化された残量を見るにはコントロールセンターを表示させなければなりません。コントロールセンターの表示は右側を下方向へスワイプすると表示されるので、そんなに面倒なことでは無いかもしれませんが、直感的に即座にバッテリーの残量を把握したいという思いは誰にでもある?かもしれませんね。

E5系の新幹線

DSC00146.jpg先日、東北へ出掛ける機会があり、たまたま乗車したのがE5系と呼ばれる新幹線の車両で、これは初体験(初乗車)でした。乗り心地は東海道新幹線よりも快適なようです。多分直線が多いのも影響しているのでしょうが、揺れや振動を感じること無くすんなりと走行している印象を受けた次第です。仕事では絶対乗ることは出来ないのですが、機会があればプライベートでグランクラスを利用して東京から北斗函館まで乗ってみたいものです。

2018年 節分

DSCF4839.jpg今日は2月3日土曜日、ちょうど節分。季節の境目を示す時期でもあるにも関わらず、来週はまた寒波がやって来るらしい・・・ですね。昨年から今年に掛けては異常なくらいの寒さが続いていて、各地でそれによる被害も続出しているようですが、地球温暖化と何らかの関係があるのだろうか?なんて考えてしまいます。そんな今日は、暇を持て余していることもあり、ぶらりと栄の繁華街へ出掛けてみました。

デパ地下に入るのも久しぶりで、しかもそこは恵方巻きのオンパレード。恵方巻きって以前はあまり聞かなかったし、筒状の巻き寿司も無かった。しかし、ここ最近はスーパー、コンビニなどでも盛んに売り出しています。あのような筒状の巻き寿司を恵方の方角に向かって何も喋らずに食べるとどうにかなるらしいのですが、私にはそれは出来ないと言うのか、そんな迷信のようなことはちょっと・・・。

それに季節柄もあってか、デパ地下のチョコレート売り場は女性の方々の行列で凄いことに。これも先程の恵方巻きと同様、チョコレート業界の方々の販売戦略のような気がしてならないのですが、どうなんでしょうね〜。まあ、義理チョコ以外に貰ったことなど殆ど無い個人的な言い訳かもしれませんが、何処の文化であろうが安易に取り込む日本人の商魂の逞しさと、それに反応・対応する購買層の方々には驚くばかりです。しかし、考えてみればお中元やお歳暮のような堅苦しいものでは無くて、安易なというのかイージーな面で普段お世話になっている方々への感謝の印と捉え考えることも出来るのかもしれません。

インフルエンザの流行

DSCF4852.jpg2018年に入って初のブログです。昨年から寒さが続き、地域によっては大雪に。そんな中、インフルエンザが流行の兆しをみせているようで、油断がなりません。個人的にはここ5年くらいはインフルエンザはおろか風邪すら引かず「バカは風邪を引かない」の代表格のような気分です。ただ現在は受験シーズン真っ只中ということもあり、特に受験生諸氏は体調管理に十分な注意が必要な時期です。

2017年も終わり・・

hanakawa-maru.JPG思い起こせば今年もいろいろありましたが、仕事という面では充実した年になりました。ただ、関係者の不手際も多くて少しやる気を失くした面も。今年の2月には極寒の北海道への出張に始まり、九州や東北・・など各地へ出かけました。そんな出張の多い中で宿泊するホテルの格差には驚いたことも。

それはさておき、大手の企業におけるデータの改竄が発覚したことは誠に残念でなりません。本来なら手本となるべきはずが、まさかの改竄。これではサプライヤー各位に示しがつかないでしょう。特に自動車製造会社における無資格検査というのはあってはならないこと。「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という発想なのかもしれません。そんな中にあって、個人的に最も懸念しているのが新幹線のインシデント。乗務員や乗客が異常な状況を感じているものの、誰も当該新幹線の走行を停止出来る権限を有していない乗組員ばかりでは大事故に直結する。

自動車部品などの製造業においては、製品の操業停止権限及び出荷停止権限までもが規格要求事項で要求されているにも関わらず、鉄道サービス・運用ではそのようなリスク管理におけるルールが設定されていないことに驚愕しているというのか、呆れ返るばかり・・。山陽新幹線が脱線事故を起こせば、どれだけの犠牲者が出るのかは誰でも容易に想像することが出来る。

ぬるま湯に漬かっているかのような組織には「喝!」ですね。

真冬の気候の新潟

DSC00090.jpg仕事の関係で新潟へ。寒気の影響もあって、当日から翌日まではかなりの積雪量となった所も多かったようなのですが、一番驚いたのは夜中にホテルの窓を叩きつける雨音に近いような雪音?というのか、それがすごく印象的でした。しかも安普請というのか、地方故にあまり設備の整っていないホテルへ投宿。夜中に暖房が切れてしまい、寒くなって目覚めてしまうことも。これだから地方のホテルには宿泊したく無いというのが本音です。

新しいFMEAの登場

NEW-FMEA.jpg現在、AIAG及びVDAとの間で新しいFMEA手法の開発が進んでいる。その原案ともなるYELLOW-BOOKも既に発行されており、そのレビュー内容を盛り込んだ正式な版が2018年5月に登場する予定となっている。そのようなことからIATF 16949へ移行される組織各位は勿論のこと、他のセクター規格を構築及び/又は運用しておられる組織各位も注意が必要になる。また、APQPとの同期も盛り込まれていることから、この適用にはAPQPなどのプロジェクト活動も必須となることが想定される。

他のコアツールであるMSAやSPCについては、多くの組織がアプリケーションを利用しておられることから、一般のセミナー参加によってそれらの知識を得るよりも、アプリケーションソフトを提供している企業が開催するセミナーの方が詳細にそれらの知識を得ることが出来るかもしれない。今更、電卓を使って%GRRを算出するなど時間のムダ。ただし、MSA手法をはじめとする計量値や計数値などに関する理論・仕組み等は熟知しておく必要がある。そのようなことを総合して考えればアプリケーションソフトがどのような動作をし、異常時にはどのようなメッセージが発出され、その原因が何かを詳細に知るためにはやはりそのアプリを開発・販売している企業の説明が利用者にとっては一番効果的。

今後はAiが進化すれば、FMEAもソフトウエア化され容易に故障モードを知ることが可能になるかもしれないが、もう暫くは机上での検討が欠かせないようです。